デザインに注目|今年一番人気の水着を調べよう

ジャストサイズか小さめを

全身チェックしましょう

リゾート

楽しい海やプールでのデートに備えて水着を購入される方も多くいらっしゃることでしょう。
しかし水着は失敗すると大変ことになることもあります。
では失敗しない水着選びのポイントとは何でしょうか。
まず、水着を選ぶときに大切なことは、きちんとサイズを計ってから選ぶことです。
普段着ている洋服から考えて、ブラジャーのサイズから推測して、ではなく、実際にショップスタッフなどに依頼して計ってから選ぶようにします。
そして水着のサイズに迷った場合は、ひとつ小さめのサイズを選んだほうが美しく見えます。
かといって無理に小さいものを選ぶと、お肉が収まり切らなくなりますので、ジャストサイズかワンサイズ小さめを心がけるようにしましょう。
胸のボリュームに不安がある場合は、パットを入れ過ぎるより、フリルやモチーフでボリュームアップを考えましょう。
パットは水に入ると水を吸って予想外に重くなったり、不自然な形になってしまうことがあります。
大きくて困っている場合は、ワイヤーが入っているものや、ホルダーネックでしっかり支えることができるものを選ぶのがお薦めです。
水着を選ぶ際は、上半身だけでなく、下半身にも注意が必要です。
まずアンダーヘアはしっかり処理します。
小さすぎる水着だと、アンダーヘアの処理が大変になります。
また、どうしても水着からお肉が出てしまう場合には、ショートパンツやスカートをはいて、体型をカバーするようにしましょう。

セパレートは露出が少ない

リゾート

海やプールで泳いで楽しみたいときに水着は必需品となりますが、女性の場合、最近では海水浴などで使用するものはビキニが多く販売されています。
デザインの良いビキニを身に着けて楽しむ人は多くいますが、中にはあまり露出をしたくないという人もいるものです。
しかしビキニは露出度が高く、人によっては露出を拒み飼い主翼をしないということもあるのです。
そのような人は、セパレートの水着を使用するとビキニよりも断然露出度が減り、しかも最近ではデザイン性のあるものも出ているのでかわいいものを身につけて楽しむことができます。
セパレートの水着とは、上着と下着が別々となっており、ビキニもセパレートの1種といえるものなのですが、ビキニよりも露出度が低く、おなかを隠すものが多く、下着も入れるではなく短パンのような形のものがたくさんあります。
よくフィットネスで使われるタイプで、露出を拒む人に多く選ばれる種類となっています。
デザインとしてではスポーディなデザインもありますし、まるでかわいい衣服を着たかのようなデザインのものもあります。
野外となれば日焼けも気になりますが、セパレートの場合は日焼け止めをつける範囲も少なくなります。
せっかく海水浴やプールを楽しみたいのに水着で悩んでしまっては、露出が気になって楽しむことが難しくなります。
セパレートの水着を着れば本当に服を着たかのように水の中に入って楽しむことができるので、肌への視線を気にせずに生みやプールを思い切り楽しむことができるようになります。

かわいく着こなそう

ウーマン

夏になると、友人同士や家族で、また、恋人とのデートなどでプールや海を訪れる機会が多くなります。
プールや海に行く場合、水着が必要になりますが、どのような水着を買えば良いのか迷う人が多いです。
水着には、ビキニタイプやセパレートタイプのもの、ワンピースタイプのものなどいろいろな形がありますから、まずは、デザインを選ぶ前に、どのタイプのものが自分に合うかを考えましょう。
痩せ型の人はビキニタイプがおすすめです。
ビキニタイプはデザインも可愛いものが多く、男性受けも良いので人気があります。
ビキニタイプが恥ずかしいという人は、ビキニの上に水辺用の上着を一緒に購入しておいて、水から上がったらそれを羽織ると良いです。
ワンピースタイプのものも可愛らしいデザインのものが多く、人気があります。
また、セパレートタイプのものは、ちょうどお腹周りを隠してくれるデザインのものなどが多いため、少し体型に自信のない人も安心して着ることができるのでおすすめです。
 水着を選ぶ際に大切なことは、実際に試着してみることです。
水着を写真やカタログを見て可愛く思っても、実際に着てみると自分の思っていたイメージと違った、ということがよくあります。
そのため、大型ショッピングモールやスーパー、百貨店などの水着売り場に実際に足を運んで、試着してみることで自分に合った水着を探しましょう。
楽しい夏にするため、自分の気に入る水着が見つかるよう、頑張りましょう。